当プロジェクトにつきまして For this project

当プロジェクトは、被災地への長期的支援を実現することにあります。
また、今後支援を必要とする事象がいつでもどこでも世界中で起きる可能性があり、また現実に起きている現状から、 支援者が一方的に与えるだけでなく、参加することで将来へ備えた自分自身への支援と、 参加者全体への支援をネットワークを通じて行うことが可能となるためです。
The project is to achieve long-term support to the stricken area.
There are also likely to occur anytime and anywhere in the world events that require further assistance, also are occurring in reality.
It becomes support to oneself who not only gives but also prepared for the future.
Also, because it can be done to help victims through the network.

支援が双方向となることで、支援継続の維持とプロジェクトを発展させて行ける可能性が非常に高まるものと思います。
I think that support becomes interactive, and maintenance and the project of the support continuance can be developed.

あわせてインターネットを通じて、世界から個人レベルで簡単に参加できると共に、繋がったネットワークに血を通わせることで、 様々な叡智、知恵、情熱を結集しより良い支援を具現化できる可能性があると考えます。
It is possible to participate from the world easily additionally at an individual level through the Internet.
The network connected,
Various intelligence believes may be embodied by combining a passion for

被災直後より、被災地、被災者へ向けて行われたたくさんの方々の無償の行為、行動、 そして苦難の中でそれを受ける被災者の方々の態度に感動しこころ揺さぶられました。
今後、被災地の復旧、復興には長い年月と労力が必要と考えられます。
It is impressed by a lot of attitudes of victims who receive it in people's free act, action, and hardships done for the stricken area and the victim and the mind is shaken now. From now on, it will be thought that revival of a stricken area requires long years and labor.


当プロジェクトが小さくとも被災地復興の一助となり、参加者のこころの光を届けることができましたら幸いです。
また、ネットワークが循環することで継続的な支援が実現され、参加者皆様の安心へと繋がって行くことが実現できましたらなお幸甚です。
It would be greatly appreciated by us when it becomes a help of the stricken area revival even if this project is small, and the light of participant's mind can be delivered.
Moreover, it hopes to be able to achieve the circulation of the network, the achievement of continuous support, and the connection of all participants to the safety of externals.

                                                       Rapture Network Association
                                                         長嶋 悟  Satoru Nagashima
                                                         長嶋 利子 Toshiko Nagashima






参加 Join us




MENU